BLOG

SOI MUSICがお届けするバンコクおもしろカルチャー情報など
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2008年のみつけもの/Yellow Fang
盛り上がってない気がするバンコクの音楽シーン
今年のファットフェスは例年になく音楽部門が盛り上がらなかったと思ってます。当然スラーとかカイジョーBrosとかその他タイポップのバンドのライブは盛り上がってましたけれど、ぼくらが面白いと思うミュージシャンがあんまり出演してなかった。それにリリース自体もかなり少なかった。そういう意味で盛り上がらなかったなと感じています。

そんな2008年ですが、ひとつすばらしくいいなと思ったCDというかバンドと出会えたのがよかった。
Yellow Fang's albumジャケット

Yellow Fang
Overhead night club1日目にライブをやった女の子3人のギャルバンYellow Fang。このバンドのCD"ยักเฃี้ยว EP(Yak Kiyao)"がものすごく良くって、これはすごいなーと。帰ってからかなり聞いてしまいました。I'm a feeder/Valentinos/Kep parの3曲しかないんだけど。余談だけどこのタイ語どんな意味だろう?「牙をむくぜEP」?

モモコさんによると前からライブはやってたみたいだけど、ぼくは全然知らなくって、CDではじめて出会いました。買ったのもSO:ONの清水さんにおすすめされて2日目に買った。なのでライブも見逃した。すごく悔やまれます。

Yellow Fang's album裏ジャケ

Yellow Fang loves you
YellowFanglovesyouっていう名前のMy spaceにメンバーの画像乗ってるし、今リリースされてるオリジナル曲3曲とも聞けるので、雰囲気わかってもらえると思うんですが、タイ人顔の2人の女の子と、中国系の女の子1人のバンド。バンコクは実は女性ミュージシャンってすごくすくなくて(ボーカリストとかアイドルとかは当然たくさんいる)、自分で曲とか世界とかをつくれる女性のバンドがでてくれるってすごくうれしい。これに続いて若い子もバンドやりだすかもしれないしね。(って話がそれた)

そんで肝心の音なんだけどタイ語で歌っててざらっとしたロック。噂によるとGene mahasmutがプロデューサーって話。ただジーンは島にいたので電話でいろいろ素敵なアドバイスおくったって。それってプロデューサーっていうのか?っていう話もありますが、ジーンらしいエピソードだし、そういう感じでいい音楽ってうまれるのかなーと。まあクレジットとかないけど。

まだ3曲しかないけど、これからほんとに楽しみな3人です。すごくおすすめですので、最近なんかバンコクのおすすめないですか?って言われたらこれをおすすめしてます。

yellow.fang
from toey™'s flickr
| other | 15:37 | comments(7) | trackbacks(68)
Fantastic Plastic Machine @ Fat Festival
fat festival 4

バンコクの音楽フェスティバルの先駆けとして既に4回目を数える「ファットフェスティバル」。

今年も11月6日7日の2日間にわたって開催されます。

インディーズ専門のラジオ局「ファットレディオ」主催のイベントでバンコクの音楽・映画・本の3ジャンルの面白ろどころを網羅。去年の動員は10万とも20万とも言われる都市伝説になっています。

映画上映、4〜5のステージで100アクト以上のライブ、本や雑誌やCDの即売・・・などなど、この2日間に遊びに来ればその年のバンコクカルチャーの動向が見て取れると言ってもいいかも。さらに、さっきまでライブやってたあのミュージシャンが、自分のブースで手売りでCD売ってる!だもんで人気ミュージシャンのブースの前はものすごい人だかり。CD売れに売れます。恐らくタイで一番CDが売れる日・・・。なので各音楽レーベルの新譜リリースがこの日に集中してしまったりするのが最近のバンコクらしいです。

そう、乱暴に言ってしまうと「フジロック+コミケ」みたいなイベントなのです。

ちなみに今までの会場ですが、
2001年 廃工場
2002年 デパートの1フロア
2003年 遊園地
で今年がなんと、「競馬場」・・・。バンコクの西側王宮エリア手前の競馬場にステージを4つもつくりイベントを行います。

Fat Fes 4 map
ちず

で2004年の目玉が日本のバンド。計4バンド出演します。


Fantastic Plastic Machine
Shuubi
CAFA
NITT

で特にバンコクで注目されてるのがFantastic Plastic Machine。バンコクからの長年のラブコールの末、念願のバンコク公演となるこの舞台。並びはMR.Z、FUTON、FPMと来ての大トリ(7日)。噂によると2ステージ分ぶち抜いての大ステージとなるとか・・・。バンコクっ子大盛り上がりだろうなあ。



知ってると思いますが、最後に
田中知之さん (Fantastic Plastic Machine)のプロフィール。

DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。ダンスミュージックに自身のルーツを散り
ばめた、独自の音楽スタイルがワールドワイドに支持されている。豊富なキャリアと
抜群のセンスを誇るDJとしても勿論、その活動は今や世界のクリエイターの注目する
ところである。オリジナルアルバムを4枚発売する他、リミキサーとしては
Earth,Wind & Fire、James Brown、浜崎あゆみ、Dragon Ash、ケツメイシ等を手がけ
る。また、TOKYO FM他全国38局ネットにて「MOTHER MUSIC RECORDS 〜 Sound
Concierge」(毎週火曜日22時〜)のパーソナリティを務める。2004年に立ち上げた
DJ-MIXシリーズ『Sound Concierge』の第2弾「#403 Air-conditioning」「#404
Electric Carnival」がcutting edgeより絶賛発売中。2005年には同シリーズの続編
のほか、待望の5thアルバムも発売予定。
http://www.fpmnet.com
| other | 02:25 | comments(1) | trackbacks(0)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE