BLOG

SOI MUSICがお届けするバンコクおもしろカルチャー情報など
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
【SOIMUSIC的バンコクディスクガイド】タイトロニカ新時代!

トークレス / ドット ドット ドット (SO::ON Dry Flower) (2007)
talkless / dot dot dot (SO::ON Dry Flower) (2007)

SoiMusic mini Vol.02へお越しいただいた皆様、ありがとうございました。お越しいただけなかった皆様は、次回ぜひお越し下さい。
トークレスもモモコモーションもいいステージでした。トークレスは絶妙な空気感、Momokomotionはフルセットでソリッドにノリノリでとってもよいまとまりでしたね。
え?トークレスって何者だって?モモコモーションは知ってるけど、、って。


talkless:
昨年、Little Fox (ていうかジーン)とZai Kuning & Koichi Shimizuのアルバムと共にSO::ON Dry Flowerから7曲入りミニアルバムを発売して、バンコクのインディーっ子に「なんじゃこりゃっ!」と言わしめたエレクトロニカ・デュオ。
メンバーはチェンマイ出身の色白美人、Fon(フォン)ことWtanya Chanvitanと、あのGooseのリーダー的存在であるギタリスト、Nym(ニム)ことBancha Thearakit。
もともと同じ大学の先輩後輩だった二人。大学のイベントで歌っているフォンちゃんを見かけたニムが誘ったとか誘わないとか。。

なにがどう「なんじゃこりゃっ!」なのかって、この音。
ここはどこの国ですか、と聴きたくなるよな、ニムの作る、多数のサンプリングを織り交ぜてリバーブ超深めな幻想的音世界の上に重なるフォンのウィスパーボイス、さながら北欧エレクトロニカのヒットチューンのようです。そのくせに、突然ニムの気合い入ったフィードバック轟音ギターが鳴り響いたりして、やっぱりタイランドらしさは消えてない、そんな魅力たっぷりの音楽なのです。

この二人、好きな音楽がSigur RosだったりM83だったり、God is an AstronautだったりmumだったりMr.John Sodaだったりと趣味が音楽にモロ出てきているのですが、この辺の音楽がタイにいても聴けるようになってるっていうのは、インターネット時代だなあ、と妙な感慨を覚えたりもしますよね。


それにしたってこんな音楽今までタイにはなかった。

引きこもり系タイトロニカCliquetparが突然ブレイクコアをシーンに叩き込んでしまったのは少し早かったのかもしれませんが、ギリギリ受け入られる土壌があったのでしょう。
一方で同じくSO::ONのNapat、AtitからGoose、Assajan Jakgawan、Desktop Errorという流れは、急激であるように見えつつ、一つ一つのバンド、アーティストが着実に土壌を形成していったように思えます。そこに現れたtalklessはある意味現れるべくして現れた新星ということだってできるかもしれません。





で、そんなtalklessですが、来年からフォンちゃんが日本にやって来るとか来ないとかで、SoiMusic仕掛け人のお二人、鼻の下伸びっぱなしです。そしてそれまでの間にフルアルバムを一枚録音する予定だそう!これは期待できますね。

えー聴いてみたいーというそこのあなた、もちろんマイスペースもありますし、youtubeでビデオも見れます。もちろんバンコクに出向いてCDを購入するのもありですよー。

Talkless- dot dot dot
1.little girl ghost
2.ทัศนาจร (Tat-sa-na-jorn)
3.ทุกวัน (Took-Wan)
4.spongy marshmallow
5.my scarlet arms
6.drift
7.one day it'll be there

myspace:
http://www.myspace.com/talklesslesstalk
youtube:(ทัศนาจร:Tat-sa-na-jorn)
http://jp.youtube.com/watch?v=AhrhJ6c3mH0

(文責:SF)
| SOI MUSIC的バンコクディスクガイドafter94 | 21:55 | comments(2) | trackbacks(2)
【SOIMUSIC的バンコクディスクガイド】僕も蒲団に入れてほしい
futon
フトン / ギブ・ミー・モア!(avex)(2005)
futon / give me more!(avex)(2005)

今回の企画の中で、日本で一番認知がありそうなバンドFUTONの、2005年にAVEXより発売された日本編集盤。

タイで発売済の1stと2ndからのセレクトされた曲に日本盤のみ収録の曲が加わった、現時点のFUTONベスト的CD。真っ向勝負しても相当かっこよいロックな曲M1「Rich baby」やM5「dead husband collection」から、壮大なタイ語曲バラードM8「HIGH」(泣ける!と思いきやドラッグの話、笑)、そして歌謡曲フレーバーがかなり痺れる日本語曲M10「Yulay Butterfly」M13「Suitcase」!

ちょっとこの日本語曲が好きすぎるので、futonについてはいつも話が偏りがちですが、誤解を招かないように書いておくと、futonの魅力はなんていうか真っ当にカッコいいロック!そこにバンコク故かメンバーのキャリア故、なんとも面白可笑しくもカッコよい魅力をムンムン漂わせてしまうのがFUTONなのです(なんだか支離滅裂だなー)。

FUTONのメンバーついて触れておくと、英国人BEE(g,key)、DAVID(g)、SIMON(d)とタイ人のgene(Vo)と日本人のモモコさん(Vo&Key)からなるバンド。BEEは現地滞在型外国人の中でもバンコク歴がかなり長い人で、元パナッシュで、Psychic TVにも関わりがあった人。実はDJ業を通じてバンコクっ子に音楽を啓蒙してきたナイスな過去がある永遠の十台。DAVIDはイギリスでエンジニアをやってたあと「羽をやすめに」バンコクへやってきた。MOMOはアメリカのアートスクール卒業後バンコクにきた。geneは現地英語誌の編集とかやってたのかな?ドラムのSIMONは後から加入したメンバーで元スエード(笑)。この記事のタイトルはSIMONがFUTONを見ていて楽しそうで、「僕もfutonに入れてもらいたい!」と言ったという噂にちなんで付けたタイトルである(笑)。

そんな感じでバックグラウンドがバラバラな5人が、バンコクに集まってきて出来たのがFUTON。2003年結成で、その年の現地ロックフェス「FAT FESIVAL」でライブを見たのが僕の初FUTON体験。そして昨年のFAT FESではメインステージ堂々の大トリ。大雨の中、futonを待って残っていたオーディエンスもすごかったけれど、FUTONのパフォーマンスは流石大トリだけのことはある貫禄と圧倒的なパワー。初期からFUTONを知っている人はステージ裏で涙していましたよ(大雨で流れていたけど)。

ちなみにバラード「HIGH」は野宮真貴さんの「Party People」で野宮さんと菊地成孔子さんのデュエット、しかもタイ語パートありという奇跡のカヴァーが収録済み。やっぱりSIMONじゃないけど、潜り込んで遊びたくなってしまう怪しい魅力と勢いがFUTONにはある(なんじゃそれ)。

ただ日本盤で残念なところが一点。それはあのFUTONの初期の超名曲「Gay boy」のオリジナルヴァージョンが収録されていないのです。権利クリアが大変そうな楽曲なので残念だが、これこそが世界にFUTONを知らしめた名曲。(しかし別ミックスバージョンが収録。昨年のsoi music fesで最後に演奏された曲で、久保田真琴さんがスタジオヴォイスのインタヴューで「前人未到のところへ行っていた」と評していたりもしました。)

あと、全くどうでもいいんだけど、このCDの帯の文、わたくしがFUTONの紹介に書いていたコラムの文章が元になってますと最後に加えて終わります(笑)。この辺もバンコクっぽくて良い感じ(笑)「パンキッシュでジェントル、エキセントリックでハートフル!!」

futonについては過去に書いたこちらをご参照ください。
BANGKOK CHEMIST- Column about "FUTON"-
FUTON INTERVIEW 01/04

曲順表
01. Rich, Baby Windows Media Player Real Player
02. Love So Strong
03. That Look In Your Eyes*
04. Tokyo Sunset
05. Dead Husband Collection
06. My Machine Gun
07. Hubble
08. High
09. Talk of the Town
10. Yulay Butterfly
11. Guessing Game
12. F*Uck Machine
13. Suitcase
14. Gayboy (Pramface Club Mix)
15. Rich, Baby (Pramface Remix)

AVEX内FUTON web
offical web
| SOI MUSIC的バンコクディスクガイドafter94 | 14:06 | comments(1) | trackbacks(1)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE